もう一度住むために

はやりのイノベーション

住宅としてイノベーション

国内では、バブル経済崩壊後ローコストハウスが主流な時代がありましたが、現在ではマイホームに対して独自性を求める機運もあり、中古の平屋や古民家などのイノベーションがブームとなっています。特に過疎化の進む村落など地方の住宅を敢えて選び、そのまま田舎に移住する方達も増えています。田舎へ移住する人は、若い人達だけでなく会社を定年退職した団塊の世代が第2の人生を田舎に求めるケースも増えています。又、過疎の進む村落では、自分達でイノベーションを行う事を条件に中古住宅を提供する地域が日本全国に数多く存在します。

古民家でタイムスリップ生活

住宅には、新築もあれば中古もあります。新築でも1.000万円を割るような物件も出回っていて、価格的にも幅がありますが、昔の建物の真似はなかなかできないものです。中古であれば、時代を感じさせる古民家も人気があり、好んで住みたがる若者もいます。古民家に入ると、中の空間は独特で、何百年もタイムスリップした感覚に陥り、それが若い人には新鮮に感じるようです。住宅を選ぶと言うことは難しいことで、古いも建物の良さを知ることで、新しい建物を知り、ただ住むだけの箱ではなく、生活を創造する居住空間が求められています。

↑PAGE TOP