古民家住宅をきれいに

古民家住宅をきれいにしよう

住宅やカフェなどにリフォーム

古民家には、茅葺き民家や町家造り民家、名主屋敷など様々な形態がありますが、日本各地で住宅やカフェ、雑貨屋などへのリフォームが若い人達を中心にブームとなっています。敢えて田舎の物件を探し、田舎に移住する人達も増加しています。古民家の人気の理由は、日本古来の住宅の建築美に加え、現在ではほぼ入手不可能な大黒柱や曲がりくねった梁など素晴らしい建築資材をベースに自分達のライフスタイルや用途に合わせて、和洋折衷や和モダンの落ち着きのある空間を創り出す事が出来る事です。又、昔懐かしい空間で静かに流れる時間が、癒してくれるのも人気の理由です。

古民家住宅については

古民家住宅は日本に残る古い時代に建てられた建築物をいい、主として大正時代以前に建てられたものを指す場合が多いとされています。日本おとぎ話などに登場するような茅葺屋根のものからその上にトタンを葺いたもの、瓦屋根が葺かれたものまで地方の気候条件によってその造りには違いが見られます。古民家住宅は一般的には釘が使われてなくて継ぎ手等の手法で構造物が固められている場合が多いところに特徴があります。最近はこれらの伝統的建築物を取り壊さずに保存する試みも見られるようになって来ていて、中には多層階造りの珍しい建築物も見られこれを目当てに観光地として訪れる人も多いとされています。

↑PAGE TOP