畑付きの古民家利用法

畑付きの古民家を再生させる

畑付きの古民家を住宅として再生

現在では、時代劇に出てくる様な住宅を和風モダンな雰囲気を醸し出す空間にイノベーションする古民家再生がブームですが、広い敷地を家庭菜園や自給自足の為の畑として利用し、第2の人生を模索する団塊の世代や自然に囲まれた生活に憧れる若い人達が増えています。その為、地域活性化を目的として移住を条件に広い敷地のついた住宅を提供している地方自治体もありますが、都市の便利な生活に慣れた人や定年退職後の高齢者がほとんどなので上水道や下水道及び電気、都市ガスなどのライフラインがしっかりと確保されている古民家の方が人気です。

古民家を自分の手でリフォーム

空き家バンクなどが増えています。ちょっと田舎に足を延ばすと、築数十年から古い物になると百年以上も前に建てられた古民家が住宅用として貸し出されていたり、売りに出されています。作りが丈夫な為に、メンテナンスを行うことで、十分住まいとして活用することが出来ます。リフォーム業者に頼めば手早く綺麗に行って貰えますが、自分がずっと住み続ける住宅、自分の手で壁紙の張替えなど出来ることを行うのもおすすめです。ちょっとしたことなら自分の手で行えます。その分愛着も沸いてきます。また、インテリアを変えたいと思った時にも自分の手で行うことが出来ます。

↑PAGE TOP